ONE STEP-ブログ

佐久島でひきこもり支援している変態のブログです

久しぶりに腹たった話

先日ある方とお話をしていて、久しぶりに腹たちました。


僕仕事関係だと滅多に怒ったりキレたりしないんですけど、かなり腹たちました。


f:id:yell-sakushima:20170914181947j:plain


理由は単純明快で、他人の限界を勝手に決めつけて、本当の才能に目を向けようともしないから。


色々可能性を伝えてみても、「でも...」「だけど...」「だって...」って否定してくるし、別の方の事例なんかを引き合いに出したら、「その子とは事情が違う」って聞く耳持たず。


きーーーってなったんですが、でもほとんどの大人がこうだよなってふと冷静に思いました。


多くの人が、自分の子供ないし関わる人達に対して、本気で信じれないんですよね。信じて任せばいいのに...


子供を信じれずに色々やってあげちゃうお母さんとか、部下のことを信じきれずに手を出しちゃう上司とか。

それまでの過程がどんな感じなのかっていうのも多分に影響しますが、基本スタンスはやっぱり「君は天才だ」っていうのが理想だと思うんですよ。

ってかむしろ、そうやって思えていないからそれが言動に現れて、それまでの過程で子供や部下ができなくなっちゃうんですな(`・∀・´)



とはいうものの、信じて任すって怖いですよ。

結果が悪くなっちゃう可能性もあるし、取り返しのつかないことになったりもします。

でも、僕は死ななきゃいいじゃんって思ってます。


唯一失敗を定義するなら「死ぬこと」だと思ってます。


死ななきゃなんでもあり。


あ、犯罪とかはダメですよ、もちろん。

でもそれ以外は経験だし、やっぱり体験しないとわからないこともいっぱいあります。


なので、話を戻すと、誰かと関わる時、基本スタンスは「君は天才だ」で、信じて任す、これが良いのではないかと思うております。


少なくとも僕はそれがいいと思っているので、誰と関わる時もそういうスタンスでやっております。


先日、今勉強を教えている不登校の女の子のお母さんからこんなラインをいただきました。


f:id:yell-sakushima:20170914194637j:plain


やる気出ましたね。

毎日死ぬほど動き回ってますが、こういうのがあるからやれてます(`・∀・´)❤️


今日もこれから頑張るぞーーー!!!


あ、僕のやってる活動はHPで確認できますので、興味ある方はのぞいて下さいね(`・∀・´)


ONESTEP HP

http://onestepshien.com/


第18回若者自立支援合宿in佐久島も大盛況でした!

/26-27で行われた第18回若者自立支援合宿in佐久島はすっげー楽しかったです(`・∀・´)


今回の合宿のグランドルールは

・ネガティブ発言禁止

※禁止ワードを発言した者は腕立て10回

・他人の良いところを褒める

でした(゚∀゚)



そんなグランドルールの中で与えられた1日目のミッションは【軽トラックを塗装せよ】!!


初めはこんな軽トラックを

f:id:yell-sakushima:20170828082402j:plain


みんなで協力しながら

f:id:yell-sakushima:20170828082519j:plain


f:id:yell-sakushima:20170828082608j:plain


f:id:yell-sakushima:20170828082656j:plain


完成したのがこちら!!!


f:id:yell-sakushima:20170828083028j:plain


f:id:yell-sakushima:20170828083102j:plain


f:id:yell-sakushima:20170828083201j:plain


もう凄く良い!!!!


夜飯にはなんと漁師さんから新鮮な車海老を仕入れまして贅沢なエビフライ❤️


島だから成せる技ですね(`・∀・´)

f:id:yell-sakushima:20170828083313j:plain


そして我らの仲間達也の誕生日パーティーをして1日目は終了しました!!

f:id:yell-sakushima:20170828083911j:plain


二日目のミッションは、【天空テラスへ続く道を創造せよ!!】


デコボコ道を砂利敷いてモルタルで舗装するために、砂利を運んで、木枠の作成!!

f:id:yell-sakushima:20170828084814j:plain

f:id:yell-sakushima:20170828084942j:plain

f:id:yell-sakushima:20170828084605j:plain

f:id:yell-sakushima:20170828084622j:plain


この続きは9月度合宿で行います!!


9/23-24が空いている方は是非ご参加ください!!


ご希望される方はコメントやメールくださいなー


9/10に子育てを真剣に考える母親向けセミナーやりまーす

ONESTEP 主催の講演会を9/10に行うことが決まりましたー(`・∀・´)


子育てに悩むお母様、ぜひ足をお運びください!!


題名「自分で考え、選び、行動できる子育てー育児は育自ー」


日時:9/10 14:00-16:00(受付13:30-)

会場:竜美丘会館

対象:小中学生のお子様がいらっしゃる母親

料金:5000円


内容:子育てについて真剣に考え取り組まれている母親向けに、子供との向き合い方、子供と向き合う為の自身のあり方を見つめ直す為のセミナーとワークショップを行います。


主催団体: NPO法人若者自立支援塾ONESTEP 

◾︎団体詳細

西尾市を中心とした西三河地区で、ニート・ひきこもり・不登校といった若者達の自立支援を行なっている団体。

詳細はHPにて

http://onestepshien.com/


講師: NPO法人バースデー健身 代表 岡田美春


f:id:yell-sakushima:20170825172742j:plain

◾︎プロフィール

名古屋市生まれ。

 学生時代に韓国に留学後、

 外資系航空会社に勤務。

20代で母と友人を癌で喪う。

その後は

毎年、検診を欠かさず受けるも35歳で母と同じ乳がんが発覚、全摘。

 術後、30代の乳がん罹患率の増加を知り、同世代に向け全国各地多数講演。

 

 「子供のしつけと共に自分の体のメンテナンスを」と呼びかけている。

「生まれてきた喜びと感謝をこめて誕生日にがん検診を」と2012年12月 NPO法人バースデー健身設立。

 最近は様々な世代に「全ての人が自分らしく生きるために」心理学・コーチング・ヒーリングを学び、病気・看病、子育て経験を軸に人間力を高めるセミナーを開催している。

第18回若者自立支援合宿in佐久島

【第18回 若者自立支援合宿in佐久島


皆様おはようございます(`・∀・´)

今月も合宿がやってまいりました!!

全く告知を忘れておりまして、今月やらないの?って聞かれ、今慌てて記事を書いております!!笑


今月もやります!がっつりやります!!

f:id:yell-sakushima:20170823094948j:plain

今月の合宿内容は...


「天空テラス大改造劇的ビフォアアフター」


でっす!!

DIYやります!!!


道をコンクリートで舗装したり、デッキ増設したり、ガレージをかっこよくするっていうのが今回のミッション!!

f:id:yell-sakushima:20170823094916j:plain

大人から子供まで、みんなで普段使わない頭をあれこれ使って、最強の場所を完成させちゃいましょう(`・∀・´)

f:id:yell-sakushima:20170823095027j:plain

合宿詳細

日時:8/26 9:30- 8/27 12:30


集合場所: 佐久島行き一色船乗り場(9:30出港なので、9:00には集合)


料金:5000円(渡船代は各自でご負担ください)


持ち物:お泊まりセット(バスタオル等やアメニティ系もご持参ください)、汚れてもいい服(2日分)、動きやすい靴、やる気、愛情


なお質問等があれば、僕までご連絡くださいな!!


っしゃーー

やったるどー

西尾の駅前で自立援助ホームっていう秘密基地を創るってよ

自立援助ホームというものを皆様ご存知でしょうか?


知らない方の為に説明しよう!!!


自立援助ホーム(じりつえんじょホーム)とは、義務教育終了後15歳から20歳までの家庭がない児童や、家庭にいることができない児童が入所して、自立を目指す家である。児童自立生活援助事業として児童福祉法第6条の3第1項および33条の6に位置づけられている。2014年10月現在、全国で118か所が設置されている[1]1958年、長谷場夏雄が作った”憩いの家 アフターケアセンター”後の、青少年福祉センター新宿寮が日本で最初のホームとなっている。

【出典:Wikipedia


現在では、15歳から22歳に引き上げられるようです。

f:id:yell-sakushima:20170811231029j:plain

まー簡単に言うと、親や周りの大人に頼れない若者達のシェアハウスの様なものですね(`・∀・´)


色んなきっかけがあって、2年前にこれやりたいなってなったんです。

どうせやるなら面白くなる様にしたいってなって、バンバンアイディア出しながら、色んな可能性を考えました。


その結果、すっごいおもろい構想が出来上がりました!!


そのプランをトヨタ財団助成金で申請したところ、採択率5%の狭き門を見事突破し、採択されたんです!


その時の写真がこちら( ´∀`)

f:id:yell-sakushima:20170811231124j:plain

あの世界のトヨタがこの事業には可能性があるとお墨付きをくれたわけです!


面白くならないわけがないでしょう。



じゃあ一体それはどんな事業なのか。


タイトル考えました。今。

なので後で変わる可能性大ですが、こちらです!!笑


【若者の若者による若者の為の自立村】


タイトルだけだとよくわからんなw


具体的な内容をお伝えしますね(`・∀・´)


①児童擁護施設を出た子が、仕事をしながら将来一人暮らしをする為に色々な準備をする為に住むシェアハウスとしての施設


②施設を運営する為のスタッフとしてひきこもりの若者を雇用し、彼らの才能を発揮する職場としての施設


③利用者もスタッフもお互いに支え合う中で、殺処分を待つ犬を保護し、家庭犬へと譲渡する為のシェルター的役割を持つ施設


と言う3つの機能を併せ持つ施設となるわけです。

①は巷にある普通の自立援助ホームと同じですね。

ところがそれを運営して行くスタッフとしてひきこもりの若者達を抜擢しちゃうわけです。


僕は常々、世の中の会社が求める人材の形に、こちらから寄せて行く様な教育があまり好きではありませんでした。

ひきこもりの若者なんて、その対極を生きている人だと思うんですよね。

「俺、私を型にはめるな!!」っていう発想が今に繋がってるわけなので。


それってすごい才能で、その才能が活きる場があれば、彼らはすごい力を発揮すると思うんです。

まだまだ詰めなければいけないことはたくさんありますが、②はそういう思いから彼らを大抜擢するという形になりました。


③は全くの偶然で、僕が関わりのあるNPOさんで、殺処分を待つ犬を0にしようと活動している「ファミーユ」という団体があります。

この団体が持っている悩みとONESTEP の持っている強みが合致したのでこれは行ける!!!ってなって話が決まりました。


八街少年院では、犬をしつけることを通して若者の自立を促すGMaCプログラムというのを取り入れており、動物と触れ合うことが心の成長につながり、ひいては自立に繋がるというデータがすでにあるんですね。

その時の視察に行った様子がこちら。

f:id:yell-sakushima:20170811232153j:plain


そんなこんなで、西尾の駅前に新たな可能性を秘めた秘密基地が出来上がります。


その改装をこれからやって行くのですが、僕は思ったわけです。

施設っていう場所に対するイメージってあんまりよろしくないなと。


この施設におせわになっていたっていう事が、一般の人からするとスゲーってなる様な、そんな居場所にしたいなって思ったんです。


だから妥協はしません。


めっちゃオシャレに創りあげます。


イメージは東京にあるnuiっていうゲストハウス!

イメージ写真はこちら

f:id:yell-sakushima:20170811232559j:plain

f:id:yell-sakushima:20170811232613j:plainf:id:yell-sakushima:20170811232624j:plainf:id:yell-sakushima:20170811232634j:plain


こんなオシャレな空間だったら、高いお金を払ってでも住みたくなりますよね( ´∀`)ここにいる事がステータス。そんな空間を演出し、そこにいる若者達の自己肯定感を高める一助にしたいなと考えています。

もちろん、仕組みとしても面白いことを考えているのですが、それは一緒に改装をしながら話させて欲しいですね。


気になる方は手伝いに来てください❤️



っしゃーー

ワクワクして来た(`・∀・´)


目指せビリギャル!!!不登校からの一発逆転奮闘記

f:id:yell-sakushima:20170722211929j:plain

先日クライアントさんのご紹介で、ある男の子に会いました。

彼は中3の受験生、しばらく学校に行っていなかった為学力的には遅れているのに、志望校はレベルを下げない。お母さん曰くプライドが高く親が何を言っても聞く耳を持たないとの相談です。


とりあえず話してみないとわからないと思い、1時間だけ会う時間を作ってもらったんのが先週の出来事。


会ってすぐに高校受験の話になりました。


笠間「高校は行きたいの?」


男の子「行きたいです!」


笠間「どこに行こうと思ってるの?」


男の子「言いたくないです。」


最初は頑なに口を開こうとはしませんでした。


ふと思いつきで、彼にIQクイズを出したところびっくり。

すごくおもろいのです。彼の頭の中が!


おそらく頭が良いであろうことがそこからわかりました。



そこから、スイッチが入り全力で彼にあんた凄いよトークをかましました(`・∀・´)笑

だって本当にすごいんだもの(`・∀・´)


何が才能として輝いているのか、世の中に出て活躍する人ってどんな人なのか、勉強に限らず人生についても散々語り、気がついたらあっという間に1時間が経っていました。


笠間「俺はさなる予備校で岡崎高校に入るような子をたくさん教えて来たけど、本当にやりたいのはビリギャルみたいな大逆転劇なんだ。だって気持ちよくね?周りのみんなをゴボウ抜きにして合格する姿想像してみなよ!あなたならそれが出来ると思う!一緒にビリギャル超えようぜ(`・∀・´)」


こんなこと話しました。

そしたら、志望校を恥ずかしそうに伝えてくれて、


男の子「僕でもいけますか?」


と弱々しく聞いて来ました。


正直厳しい戦いになります。

でも、踏み出そうとしたその一歩を止める権利は誰にもありません。

僕は全力でサポートします。

そしてビリギャル超えます(`・∀・´)


まだまだ可能性はある!!


そんな彼の強い意志が感じれたので、佐久島の勉強合宿にも誘ってみました。



今現在佐久島で彼は勉強しています。



志望校に向けての大きな大きな一歩目を踏み出しました。



ぜってぇ合格させてやるからな!!

みとけよ周りの節穴ども(`・∀・´)!!!!

f:id:yell-sakushima:20170722212123j:plain


第17回若者自立支援合宿in佐久島

【第17回 若者自立支援合宿in佐久島

今回の合宿は総勢34名に及ぶ方に参加していただき、大盛り上がりの2泊3日となりました‼️

f:id:yell-sakushima:20170722145938j:plain

f:id:yell-sakushima:20170722145810j:plain

一日目

BBQに始まり、ビーチクリーンや水鉄砲バトル、スイカ割りという盛りだくさんな内容でした。みんなクタクタになるまで動き回ったのに、夜中までなぞに元気w

f:id:yell-sakushima:20170722150135j:plain

小学生たちと戯れながら夜は更けていきました。


二日目

朝ごはんを食べ、一日目の反省会をやった後、みんなで海へ遊びに行き夏を満喫!

そしてなんと夜はじょえるで貴之君の生ライブ!!!

最高のライブをして最高の気分で就寝しましたとさ😄


三日目

ハッピー黒板の二宮司くんらも参戦し、おくりもの会とのコラボ企画😚

なかなかできない経験をすることができたんじゃないでしょうか☆


濃すぎて語りきれない内容がありまくりな二泊三日合宿でした😎


次回は8月26日27日です!!

暇な人全員集合☆


http://onestepshien.com/