ニート・ひきこもり支援のONE STEP-ブログ

愛知県の三河地区を中心にひきこもり支援しているNPO法人ONESTEPのブログです

全てのひきこもりに告ぐ!!『君は間違ってなんかない!!!』

ひきこもるという行動をとった結果、【不登校】【ひきこもり】【二ート】と呼ばれるようになった人達が、現在世の中で肩身の狭い思いをしている。

しかし!!!

僕は思うのです、「ひきこもる」って才能ないとできないじゃんって。

今日はそれを身勝手で根拠のない理屈で説明したいと思います。笑

僕の妄想なので、違うぞって言われてもしりません(*´∀`*)

 

目次

夢を語らない若者たち

僕は前職が塾の講師でした。そこで小学校1年生(入学前の園児)〜中3までの子供たちと触れ合ってくる中で、良くこの質問をしました。

 

「将来の夢は?」

 

園児達に「将来の夢は?」と聞くと、元気よく「サッカー選手!!」とか「野球選手!!」、「ケーキ屋さん!」「お花屋さん!」といっぱい出てくる。この頃の子供たちは本当にキラキラして答えてくれる。いやぁー可愛いね。

この頃の子供たちの夢は、自分たちのカッコイイと思うモノやなりたいと思うものを素直に答えてくれてるみたい。

 

小学生低学年に「将来の夢は?」と聞くと、「学校の先生」とか「パイロット」とちょっと照れくさそうに答えてくれる。

この頃の子供たちの夢は、自分の憧れや、身近に居る人が夢のモデルになっているように思う。

高学年に「将来の夢は?」と聞くと、やっぱり「プロスポーツ選手」とか「医者」ってキラキラして答える人が多いが、なかには「銀行員」とか「公務員」ていうちょっと現実的な夢も上がってくる。当時はさすがにYoutuberはいませんでしたが 笑

f:id:yell-sakushima:20170623113831j:plain

なんかこのへんから一気に現実味を帯び始めてくる気がするね。

 

ところが中学生に「将来の夢は?」と聞くと、今までになかった回答が出始める。

 

「夢はないです」

 

いいねいいね。

 

若者にとっての夢とは

どうやら彼らにとっての夢とは【職業】のようらしい。

僕のこの「将来の夢は?」と言う質問に、『50歳でリタイアしてパナマで悠々自適に暮らす』っていう生き方や『日本から自殺者を減らす』という成し遂げたい事を答えた生徒は居なかった。

つまり、現在の日本では【夢=将来つく職業】という構図になっているらしい。

夢がないっていうことはつまり、将来なりたい職業がないっていうことになる。

ふむふむ、なるほど。どうやら子供たちはとても鋭い

今の社会を見て将来もこの職業があるとは限らないという判断をし、【夢はない=就きたい職業がない】と感じているようだ。

 

ただ、一体いつから【夢=将来つく職業】になったのだろう。

 

 

狂った社会

夢という概念

思うに昔の日本では【夢=成し遂げたい事】だったのではないかと思う。

※今もそういう意味で【夢】って使う方も沢山おりますが、あくまで多数派が【夢=将来つく職業】になってるってことね。

なんでそう思うかって、江戸時代の若者は夢に命をかけ懸命に生きていて、死ぬ気でそれを成し遂げようとした結果明治維新が起こった訳だし、もっと遡ると戦国の世なんて、天下統一という夢の為に数多の武将が命を散らせていったわけだ。

じゃあ一体いつから【夢=将来つく職業】になったんかね。

 

それはおそらく戦後ではないかと僕は考えた訳です。カンだけど。笑

戦後焼け野原だった日本はなんとかして欧米列国の豊かな国に追いつかねばならなかったんじゃないかなと思って考えました。

ということは、めっちゃ働かないといけない。

ってなると、より効率よく働ける人が優遇されるわけ。

だから、日本の教育改革をおこなったGHQは大量の働き蜂を生み出す教育をしたわけです。これも根拠ないからね(・∀・)笑

 

そこで生まれたのがこの思想【夢=将来つく職業】だったのではないかと。

 

幼い頃から将来つく職業をイメージさせ、その能力を学生の間に効率よく身に付けさせることで、将来職についたときに即戦力となり国を発展させる。

その必要とされる能力というのが、言われたことをキチンとこなす能力。

だから、学校の評価の仕方は先生が指示したことがどれだけできたかがベースになってて、結果出してても指示したことやってないと怒られたり、言われたとおりのやり方以外でやっちゃうと、正解しててもダメだしくらうわけですね。

全部根拠のないカンだけど、なんかうまいことまとまった!!

異常な国日本

そんな教育を受けてきた日本人のおかげで見事高度経済成長を遂げました。あざす!

その頃は良かったんです、その教育で。何もかも上手くいってたから。

でも時代は流れているんです。もう物も情報も飽和しています。

イケイケどんどんで色々作ってた時代は終焉を迎え、誰も経験をしていない未曾有の時代に突入したわけです。

新たな技術が台頭し、既存の技術が塗り替えられるわけです。仕事なんてほとんど変わっちゃいます。

面白いデータがあります。

f:id:yell-sakushima:20170623012340j:plain

49%の仕事が人口知能やロボットにとって変わられちゃうんだって。

そう考えるとやっぱり夢がないって答える若者は鋭いね。

 

夢がないことを悩む若者達

f:id:yell-sakushima:20170613212010j:plain

なんか今の風潮として、夢を持ってる人がかっこよくて、夢を持つことが正解みたいな流れがすごく感じられるわけです。えぇ。

自分は夢がないからダメなんだって思ってる。

僕はそういう人にあったらこういう質問をします。

「幸せになりたい?不幸になりたい?」と。

すると皆答えます。

「幸せになりたい!」と。

【夢=将来つく職業】であるうちはこれは夢ではないけど。

【夢=成し遂げたいこと】であればこれ夢じゃね?って思うんです。

もっというと、夢は夢であって職業でもやりたいことでも目標でもなんでもいいと思うんです。

皆がそう思ってるから、そう思わなきゃっていうのは何か違うなと。

 

なんか僕たちの思想って自分で考えて生きてるようで、どっかの誰かに都合のいいように刷り込まれた思想をなぞって生きてる気がしてきて、ちょっと気持ち悪く感じるんです。ここ最近とくに。

 

 

「魅き隠る(ひきこもる)」という才能

僕のポリシーなんですけど絶対に「ひきこもり」ってひらがなで書くんです。

メディアでは良く引きこもりって表記されますが、なんかしっくりこない。

引くっていう文字がなんか気に食わない。笑

マイナスなイメージあるよね「引く」って。

これは僕の偏見だと思うけど。笑

 

「ひきこもる」ってすごいことだなって僕は思うのです。

 

ひきこもることが凄いと思う理由

《其の1.皆と同じ感覚ではなく、この時代に敏感に反応し違和感を感じていること》

これまで述べてきたような僕が今28歳になって感じている違和感を、彼・彼女らはとうの昔に感じていたわけです。純粋にすげーよ君ら。

 

《其の2.学校だったり会社だったり行くことが当然っていう概念を外して行かないという選択肢をとれたこと》

行くのが当然。行くことが正解。行かなきゃならないっていう考えで学校や会社に行っている人が一体どれだけいるのだろうか。勘違いして欲しくないのは、学校行ってる子や、会社で働いている人を違うっていっているわけではなく、そういう人が圧倒的大多数の中で、自分の違和感に身を委ね、行動に移せている事が凄いと思うっていう話ね。

 

《其の3.ひきこもれる環境にいること》

そもそもひきこもれる家庭ってなかなか裕福じゃないとダメなんですよね。ひきこもりたくても家が貧しくてひきこもっている場合じゃない人もいっぱいいます。裕福な家庭って一つの才能だと思うんです。足が速いとか歌が上手いと一緒で、家が裕福っていう要素。裕福ってお金持ちって意味ではなく、色々な状況に柔軟に対応できる大人がいて、それを出来る経済力がある状態ってことね。

 

《其の4.学校教育をうけていないこと、もしくは社会の常識に毒されてないこと》

なんてったってこれが一番大きな理由だと思いますね。

これからの時代を生き抜くためには、これまでの常識にとらわれてはいけないような気がします。もちろん常識(基礎)があってこそのクリエイトだと思いますが、何かを生み出すときに、根底にある考え方ってすごく影響すると思うんです。

そんな誰しもが根底にもっている常識を培う場【学校】や【社会】に入らずにひきこもっているっていうことは、そこにどっぷり入っている人よりも常識がないんです。

これってすごいことじゃねと思うわけです。

 

ひきこもりは魅き隠り

僕は人の才能を数値化すると、合計値は全員一緒なんじゃないかなと思うんですね。

ここでいう才能というのは努力により後天的に身に付けた技術ではなく、生まれながらにして持っているその人のポテンシャルです。

多分神様は生まれるときに、その人の持っている才能にポイントを振り分けるんです。

走ることに神様が多くのポイントを使った結果陸上の桐生 祥秀君が生まれ、考えることに多くのポイントを使った結果、将棋の藤井 聡太君が生まれたんだと思います。

 

もちろん才能だけで世の中は生きていけないので努力も必要です。

ものすごく努力家の方は、苦手な分野でも、その分野の才能をもっている人以上にパフォーマンスを発揮するっていうことがあります。

でも努力は掛け算だと思うんです。才能というポイントが多ければ多いほど、努力が少なくても結果が出せるし、努力を死ぬほどすれば、才能が少なくても結果が出せます。

 

なので才能がある人が死ぬほど努力をすればすごいことが起こるんですよね。

 

話を戻します。

ひきこもってる方々は良く、自分には何もできないって言います。

それは、一側面を見たときはほかの人と比べると才能がないのかもしれません。

でもその部分の才能にポイントを振り分けてないってことはほかの部分の才能にポイントが振られてるってことなんですよね。

学校っていう場、あるいは会社っていう場は一側面しか評価されません。

なのでその部分の才能にポイントふられてる人が有利なんです。

ひきこもるっていう選択肢をとった人たちは、まずそういう選択肢を取れるという才能がほかの人よりあったんですね。

だからもっともっとポイントが振られてる才能があるはずなんです。

 

だから

 

【魅き隠り】

 

なんじゃないかと。

隠るとは内深く入って外からは察知しにくい状態になるという意味です。

なので魅力がいっぱいあるけどそれが発揮出来る場がないから察知しにくいんですね。

よって【魅き隠り】。

そんな人たちの才能をちゃんと見つけて磨いて、皆で日本変えよーぜっていうことを僕はしたいんです。

 

 

だから

 

全てのひきこもりに告ぐ!!『君は間違ってなんかない!!!』

 

 

 

NPO 法人若者自立支援塾ONESTEPは、愛知県の三河地区を中心に【ニート・ひきこもり・不登校】の方達の社会復帰の支援をしている団体です。

ONESTEP について詳しく知りたい方ははこちらをお読みください!
http://joyell-sakushima.hatenablog.com/entry/2017/06/01/221816

NPO法人若者自立支援塾ONESTEP のHPはこちら→http://onestepshien.com/

ONESTEP では3つの手法で支援を行います
①訪問型支援👶
実際にスタッフがご家庭まで訪問して、その状況に合わせた支援を行います。

②通所型支援🏃🏻‍♂️
ONESTEP の基地(愛知県西尾市岡崎市)に来ていただき、そこで状況に合わせた支援を行います。

③共同生活型支援🍙
愛知県西尾市にある離島佐久島で、親元を離れて我々ONESTEP の職員と共に共同生活をします。最短1泊2日から可能です。

上記の支援の詳細はHPにありますのでご覧ください。
HP→http://onestepshien.com/

ひきこもりは日本の宝者だという想いで活動をさせていただいています‼️

少しでも多くの方に想いを届けたいので、お読みいただき、良かったら応援してください😋

NPO法人若者自立支援塾ONESTEP の行なっている若者自立支援が、愛知の離島【アートの島】佐久島の島おこしにつながってる件

僕が佐久島に移り住んでもうすぐ3年になります。

早いなーと思いながら日々活動しておりますが、移住当初にどんな想いがあったかを今日は語りたいと思います。

 

目次

 

佐久島に移り住んだ理由①

僕は佐久島という島の存在を知ったのは、佐久島に住まわせてもらうためのプレゼンをしに行った時でした。

ちょっと何言ってるのかよくわかんないと思うんですが、ほんとなんです。

佐久島という島を知らなかったのに、気がついたら島に住む話になっていたのです!!!

 

順を追って説明します。

2014年4月に僕の人生を変えた男『吉永仁』に出会いました。(真ん中が吉永、左が内田、右が僕です(*´∀`*))

f:id:yell-sakushima:20170613213131j:plain

 

彼の話はまたおいおいしますが、初めて会ったときに彼からこう言われました。

 

「離島でひきこもり支援するから手伝って」と。

 

 

 

僕は考えました。

f:id:yell-sakushima:20170613212010j:plain

すごく考えました

f:id:yell-sakushima:20170613211928j:plain

 

 

 

 

めちゃくちゃ考えたあとこう言いました

 

 

 

「おん、ええよ。」

f:id:yell-sakushima:20170613212216j:plain

こうしてどこで支援をするのかしらないまま、島に住むことが決まりました。

 

 

 

 

数日後吉永仁から着信があり、電話に出ると開口一番こう言われたんです。

 

「淳君来週の月曜日スーツ着て西尾駅前のスタバ来て!!」

 

たまたま休みだったんで行きましたよえぇ。

 

どんな内容かも知らずに行ってみると、なんとその日は僕らが佐久島に住むために島の役員の方数名と役所の方数名の前で事業説明をするという日でした。

 

これで冒頭の話に続くわけですね。

 

そこでこんな話をしたんです。

 

 

高齢化過疎化の進む地域に、力を持て余している若者が移住して島おこしのお手伝いをさせていただきたいと思っています!!!」

 

 

今ありがたいことにそれをやらせていただいております。

 

佐久島に移り住んだ理由②

佐久島という島をご存知ない方の為に説明します。

僕が前書いた記事を読んでもらってもわかるかと思いますので貼っときますね!

joyell-sakushima.hatenablog.com

 

 

佐久島の人口は人口252人(65歳以上142人)(2015年4月1日時点)、面積は173ヘクタール(東京ディズニーランドの約3.5倍、メロンパン約12,000個分)の島です。

人口の半数以上が高齢者という異質の地域なので、この島では若者が不足しています。

草刈りをするにも、梅の収穫をするにも、作業をするのはお年寄りの方々ばかり。

 

そんな中で僕たち若い世代の人間は労働力としてはとても有難がられます。

ボランティアでお手伝いをするだけで「ありがとぉねぇ〜」と皆さんから声をかけていただき、もってけもってけとお菓子やらジュースやらをいっぱいくださいます。

 

居るだけで感謝される居場所。

 

そんな居場所が佐久島にはあるんです!!

f:id:yell-sakushima:20170614143651j:plain

f:id:yell-sakushima:20170614143702j:plain

f:id:yell-sakushima:20170614143716j:plain

 

今後も力を持て余している若者たちと、島の様々なお手伝いをさせていただきたいと思っております。

 

 

佐久島に移り住んだ理由③

 

佐久島ってコンビニあるんですか?」

 

よくこの質問をされますが、島にはコンビニどころかスーパーさえありません!

 

信号もないし、娯楽施設もないし、光回線もないし、なんだったらケータイの電波も微弱。

 

佐久島って何もないんです。

 

今の都会は情報やモノにあふれかえっています。

その為、本当に大事なことにきづけずにどうでもいいことに振り回されて本質を見失っちゃうことがよくあります。

 

うつ病になるまで働いたり、LINEグループでいじめられたり、ネットで悪口書かれたり、もう社会が病気なんです今。

 

でも佐久島はそういった余分なモノが一切ない。

島の風土なのか、働くときは働き、休むときは休むっていう人たちが多く、皆さん健康的に働いております。

かくいう僕も良くお店の営業中なのに仕事サボっております(´∀`*)笑

 

そんな病気な社会から解き放たれ、俗世間から解脱したような佐久島に来ると、みんな心が健康になるんです。

何もこれは二ートひきこもりに限った話ではなく、仕事に疲れたサラリーマンや、彼氏と喧嘩した女子大生、人生に迷っている青年や、パートナーシップに悩む主婦、色んな人たちの『癒し』がこの島にはあります。

 

文字で説明してもよくわかんないと思うんで一回来てください、マジで!笑

 

若者自立支援で島おこしのお手伝い

これまで述べてきたような理由で、僕は今佐久島に住んでカフェを営んでおります。

みんなで一緒にお店を運営しながら、島の行事に参加して、時には島で全力で遊んで、島を盛り上げるお手伝いをしております。

現在人手は足りてません!!笑

我こそはと思う方、是非佐久島に来てください!!なんなら住んでください!!笑

これを読んだ方からの連絡をお待ちしてます(゚∀゚ )!!!

 

 

最後に言いたいこと

 

ここからは書くつもりなかったんですけど、ふつふつと湧いてきたので書きなぐります。なんの気も使わずに言いたいこと書くので怒らないでくださいね。

 

色んな親御さんから相談を受けて話を聞いておりますが、

ちょっと言わせてもらいます。

 

 

 

 

 

うだうだいっとらんとまず佐久島来いや!!!!笑

 

 

あーだこーだ言ってホントのところを見ようとしない。

 

建前で取り繕って本音を見ようとしない。

いや、怖くてみれないのかな。

 

そんなんだから子供のホントの気持ちを分かってあげれないし、子供も話したくなくなる。

 

どーせ大人ってこんな奴ばっかなんだから、何話しても無駄だって見切られちゃう。

子供って賢いですよ。

「あ、こいつ俺のこと見下してる」ってすぐ気づくし、「あ、お母さん私は何もできないって思ってるんだ」ってすぐにバレます。

それはあなたの価値観で自分の子供を見てるから、子供のホントの才能に気づけない。

 

自分が歩んできた人生で全てをはかろうとするからそうなるんです。

時代はものすごいスピードで進んでます。

そしてその時代に生まれた子供たちはそれに誰よりも順応しています。

だからあなたよりも子供の方が優れていることなんていっぱいあるんです。

 

 

もっと子供を信頼してあげてください。

もっと子供を認めてあげてください。

もっと子供をほめてあげてください。

そして沢山失敗させてあげてください。

子供は勝手に成長してあなたたちを超えていきます。

 

だから安心してください。

 

こうなったのはあなたのせいではなく、社会のせいなんです。

 

自分を責めないでください。

あなたは悪くない。

自分を傷つけないでください。

あなたは誰よりもよく頑張ってます。

これ以上頑張らないでください。

もっと自分自身を愛してあげて。

 

だからもっと自分の人生を楽しみましょう。

 

楽に生きるんです。

どうやったらいいかわからないなら

佐久島に来てください。

 

僕たちの生き様を体感してください。

 

 

あなたは今あなただけの人生を歩んでいます。

あなたの人生の主人公はあなた自身です。

たった一回切りの人生、楽しんでいきましょう!!

 

 

 

あぁーすっきりした。

 

伝えたい人へ。

笠間淳より

 

 

f:id:yell-sakushima:20170614152400j:plain

 

 

 

 

 

NPO 法人若者自立支援塾ONESTEPは、愛知県の三河地区を中心に【ニート・ひきこもり・不登校】の方達の社会復帰の支援をしている団体です。

ONESTEP について詳しく知りたい方ははこちらをお読みください!
http://joyell-sakushima.hatenablog.com/entry/2017/06/01/221816

NPO法人若者自立支援塾ONESTEP のHPはこちら→http://onestepshien.com/

ONESTEP では3つの手法で支援を行います
①訪問型支援👶
実際にスタッフがご家庭まで訪問して、その状況に合わせた支援を行います。

②通所型支援🏃🏻‍♂️
ONESTEP の基地(愛知県西尾市岡崎市)に来ていただき、そこで状況に合わせた支援を行います。

③共同生活型支援🍙
愛知県西尾市にある離島佐久島で、親元を離れて我々ONESTEP の職員と共に共同生活をします。最短1泊2日から可能です。

上記の支援の詳細はHPにありますのでご覧ください。
HP→http://onestepshien.com/

ひきこもりは日本の宝者だという想いで活動をさせていただいています‼️

少しでも多くの方に想いを届けたいので、お読みいただき、良かったら応援してください😋

 

 

 

6月3日に行なった講演会のご報告

6月3日に行われた,第2回ONESTEP定期講演「二ートひきこもりから脱却する3つの方法」無事終了いたしました。

f:id:yell-sakushima:20170608075912j:plain

f:id:yell-sakushima:20170608075930j:plain

 

会場には150名を超える参加者にご来場いただきました!!

 

f:id:yell-sakushima:20170608075947j:plain

 

講師でお招きしたピース小堀さん,何回聞いても素晴らしい話で鳥肌立ちます(´∀`*)

 

f:id:yell-sakushima:20170608080015j:plain

f:id:yell-sakushima:20170608080029j:plain

f:id:yell-sakushima:20170608081342j:plain

f:id:yell-sakushima:20170608081359j:plain

 

最高の仲間達と最高の講演会を開催できたのではないかと思います。

ご協力いただいたすべての人たちへ,この場を借りて御礼申し上げます。

皆様のおかげでこんな素晴らしい会が開催できました。

本当にありがとうございました。

 

アンケートにはそれぞれの想いや悩みがたくさん書かれていて,ここからが本番だなと感じております。

 

講演会の内容はこちらから全部ご覧いただけます。

 

最後のたかゆきの歌「YELL」は何度聞いても涙がでます。

 

皆さんにも是非聞いて欲しいです。

 

www.facebook.com

 

今後もONESTEPの活動を暖かく見守っていただければと思います。

よろしくお願い致します(*´∀`*)

 

NPO 法人若者自立支援塾ONESTEPは、愛知県の三河地区を中心に【ニート・ひきこもり・不登校】の方達の社会復帰の支援をしている団体です。

ONESTEP について詳しく知りたい方ははこちらをお読みください!
http://joyell-sakushima.hatenablog.com/entry/2017/06/01/221816

NPO法人若者自立支援塾ONESTEP のHPはこちら→http://onestepshien.com/

ONESTEP では3つの手法で支援を行います
①訪問型支援👶
実際にスタッフがご家庭まで訪問して、その状況に合わせた支援を行います。

②通所型支援🏃🏻‍♂️
ONESTEP の基地(愛知県西尾市岡崎市)に来ていただき、そこで状況に合わせた支援を行います。

③共同生活型支援🍙
愛知県西尾市にある離島佐久島で、親元を離れて我々ONESTEP の職員と共に共同生活をします。最短1泊2日から可能です。

上記の支援の詳細はHPにありますのでご覧ください。
HP→http://onestepshien.com/

ひきこもりは日本の宝者だという想いで活動をさせていただいています‼️

少しでも多くの方に想いを届けたいので、お読みいただき、良かったら応援してください😋

NPO法人若者自立支援塾ONESTEPについて書いてみた

そういや,自分のやっている活動や仕事内容についてしっかり書いたことなかったんで,たまには真面目に書いてみようと思います。

 

【目次】

 

ONESTEPってなんの団体なの?

f:id:yell-sakushima:20170601220207p:plain

僕のこと知ってる人でも,ONESTEPがいつも何をしてる団体なのかを詳しく知っている人は少ないと思います。いまからそれを赤裸々に語っちゃいますよー(n‘∀‘)η

 

まずこの団体は【若者自立支援】をテーマに掲げた団体です。

f:id:yell-sakushima:20170301003816j:plain

よく僕は『ひきこもり支援』という言葉を使っていますが、それは一番力を入れている対象であって、本来は若者全体が対象なんです。

※ここでいう若者とは年齢では定義しておらず,自分をまだまだ未熟な人間であると認識しているすべての人を指します。

 

かく言う僕も若者です。若者の中で若者が成長する,そんな団体でありたいと思っております。

 

ではそもそも自立支援ってなに??ってところを説明しましょう。

自立支援を説明するためにはまず【自立】についてしっかりと定義したいと思います。

 

ONESTEPの考える自立とは…

 

【周りの意思ではなく自分の意思で様々な選択肢の中から自分の道を選択できる状態,またはそれを続けようとする姿勢】

 

f:id:yell-sakushima:20170601220519j:plain

 

です。

だから極論を言うと,自立した結果ひきこもるっていうのを選択するのはいいとおもうんですよ。

でも今悩んでる人たちは皆,ひきこもらざるをえない状況に追い込まれてしまっていて,選択する余裕なんてないわけです。

それは自立とはいえないなと僕は思うわけです。

だから,我々は様々な手段を使ってその目的に向けて若者の自立支援をしているんです(´∀`*)

 

どうやったら支援を受けれるの?またどんな支援をしてるの?

基本的には僕かONESTEPの仲間に連絡をいただければ,細かい話をさせていただきます。

支援の方法は

Ⅰ.訪問型

Ⅱ.通所型

Ⅲ.共同生活型

の3パターンあります。

それぞれについて説明しますね('∀`)

 

Ⅰ.訪問型

f:id:yell-sakushima:20170601220918p:plain

主に学習支援が必要な就学児童に対する支援です。不登校児の家庭教師と言うとわかりやすいかもしれないですね。

あとは,部屋から出れない方のために家まで出向いて話し相手になったりもします。

 

Ⅱ.通所型

f:id:yell-sakushima:20170601221254j:plain

これは,西尾市内の事務所かもしくは僕が指定する場所まで来てもらい,そこで面談を行います。人によってやることはまちまちですが,必ずやるのは1週間のスケジューリングと課題をだすこと。それが終わればあとは,一緒に筋トレしたり,ゲームしたり,まぁ平たく言うと遊んでます(´∀`*)笑

 

Ⅲ.共同生活型

f:id:yell-sakushima:20170601221339j:plain

Ⅰ.Ⅱを経て,一定の基準を満たした人の中で希望者を募り行う形の支援です。

佐久島に一定期間(最短で1泊2日,最長で3ヶ月)住み込み,我々ONESTEPのメンバーと共に共同生活を行います。ひきこもりがちな人はともすると昼夜逆転生活になることが多く,生活リズムが安定しません。そこで,佐久島という環境を有効に活用し,朝早くに起き,夜は早く寝るという生活をします。その中で人との関わり合い,チームワーク,役割や責任,色々な事を学び実践し,そして沢山失敗します。

佐久島には味方しかいません。なのでどんなことでも安全に失敗できるんです。

様々な経験をした彼らの表情は島を出るときにはもう別人のようになっています。

 

この他にも,定期的に皆で遊ぶイベントを開いたりしてます。

全てに共通しているのは

 

あくまで支援者ではなく友達というスタンス。

 

これが我々ONESTEPの大きな特色なのかもしれないですね(*´∀`*)

 

ひきこもりでもニートでもないけど活動に参加出来る?

全然できます!!むしろしてください!!

先程も書きましたとおり,若者というのは「自分をまだまだ未熟な人間であると認識しているすべての人」を指します。

なので全然オッケー!!

もっというと,普通に社会で働いている人たちが来てくれることで,ニートやひきこもり,不登校の人たちにとっていい刺激になるんですよね(´∀`*)

また,社会にでて働くと色々な悩みが生まれますよね。誰にも言えない悩みとか,もやもやとか,そんな悩みを佐久島に来て解消しちゃいましょう(*´∀`*)

 

佐久島短期合宿って何??

毎月佐久島でやっている若者自立支援合宿です。

そもそも佐久島ってどこっていう人はこれを見てくださいね('∀`)

joyell-sakushima.hatenablog.com

その月によって参加者の対象が変わるので,やる内容は様々ですが,これまでは,島でDIYをやったり,ビーチクリーンをみんなでやったり,夢拾いしたり,脱出ゲームをやったりしております。

f:id:yell-sakushima:20170426191703j:plain

f:id:yell-sakushima:20170601214238j:plain

f:id:yell-sakushima:20170601214626j:plain

 

いかがですか?

ONESTEPについて理解は出来たでしょうか??

これからもこのブログで活動は発信していきますので要チェックおねしゃす!!

 

NPO法人若者自立支援塾ONESTEPが,6月3日に竜美丘会館でやる講演会の内容を,当日来れない方のためにここでネタバレしちゃうぞ(´∀`*)

来る6月3日に僕が代表を務めさせていただいているNPO法人若者自立支援塾ONESTEPの定期講演があります。その名も

 

「二ートひきこもりから脱却する3つの方法」

 

です。

 

毎年内容はかなりこだわっていて,どんな情報が当事者やその周りの人たちに必要かをずっと考えてきました。

日々の支援の中で親御さんとお話したり,毎月やっている合宿で当事者と語ったりする中で,もっとこうなったらいいのにと思うことを蓄積して,今回のテーマに行き着きました。

今年は,当事者ではなく,その周りにいる親や兄弟,友達や親戚の方々に聞いてもらいたい内容です。

参加無料なので,僕の事知っている人で都合が会う人には全員参加して欲しいとおもっています。

それくらい今回の話は皆さんに聞いて欲しいし,きっと何かのきっかけになると確信しております。

 

その理由は,話す内容もさることながら,今回講師として話して下さる【ピース小堀】さんがまためちゃくちゃ面白いんです(*´∀`*)

 

 

講師も一流,内容も面白いときたら,いろんな人たちに来て欲しいって思いますよね(*´∀`*)

僕もその想いを色んな人に伝えていきました。

 

すると,どうしても仕事でこれないから,また開催してくださいというふうに言われます。しかし,それができないんです。

 

 

何故なら,,,,

 

 

 

 

このイベント大赤字なんです!!!!!笑

 

 

そんなイベントを何回もやったら僕死んじゃいます('∀`)

 

なので,なんとか都合つけて来てください!!笑

 

とは言うものの,どうにもならない方もなかにはいらっしゃると思います。

なので,話す内容をここでネタバレしようと思います!!!

 

当日話そうと思っている内容なので,場の空気で細かい内容変わるかもですが,この文章を見れば分かっていただけることも多いかと思います。

100%を載せることは不可能なので,60%位の内容だと思ってくださいね゚゚(n‘∀‘)η

 

まずはピースさんから!

可能性無限大ライブという,ぱっと見すっごい怪しいセミナーを2013年からやられており,クチコミで様々な都道府県で開催され,この3年で4万人が参加するというとんでもない動員数を誇っております。

なぜそんなに参加者が多いのか。

ここに詳しく載っております

http://ameblo.jp/dream-navi/entry-12255946651.html

 

中身をしったら全然怪しくなかった!!

むしろ凄かった!!!!

僕は昨年の8月に開かれた1万人ライブにスタッフとして関わらせていただきました。

ずっと魅入っててほぼ観客でしたが...笑

 

そんなピースさんが語る内容がこちら!!!

ーーーーーーーーーーーー
⭐︎自己肯定感を持つ秘訣
▪️自己肯定をするための
3つのステップとは?
▪️自己肯定はある1つの方法で簡単にできる

⭐︎脳を錯覚させる秘訣
▪️人間の脳は、真実の0.00005%しか
認識でない科学的根拠とは?
▪️錯覚するとこんなことが一瞬で
出来る感動的体感ワークとは?
▪️たったこれだけの言葉で、
人間の遺伝子レベルで変わってしまう
大学教授が発見した天才と凡人の
DNA を変えてしまう魔法の言葉とは?


⭐︎目標を持つ可能性とは?
▪️目標を持つだけでこれだけ体が変わる
驚愕の体感ワークとは?
▪️夢を叶える秘訣は、●●を●●することだった
▪️夢を叶える全ての人が持つ●●の法則とは?

⭐︎3つの質問
▪️臨死体験者20人以上が語る
最後に聞かれる3つ問いとは?
▪️日本人が知ると涙する歴史的真実の物語とは?

ーーーーーーー

 

どうでしょうか?!

きになるでしょう。

f:id:yell-sakushima:20170531224353j:plain

気になる方は実際に聞きに来ると全てが明らかになります(´∀`*)

 

そんなピースさんと僕が最後対談しまっす!!!

 

対談なので話が台本通りに進むかはわかりませんが,僕が伝えたい内容それは...

 

 

みんなもっと楽に生きようぜってこと。

 

 

ほんと皆さん謎の規範にとり憑かれていて,こーしなきゃいけないとか,こうするべきみたいな思い込み常識がすごいなと思うわけですよ。

 

正解なんてないんだよっていうことを僕はよく言っておりますが,皆無意識のうちに正解をさがすんです。

でも,世の中って,正解っていう概念をとっぱらって自由な発想で行動した人が創りあげてきた訳ですよ。

さらに言うと,世の中を作ってきた人たちが都合良くなるなるように常識とか規範とかこうあるべきみたいな正解っていうのが作られたんですよね。

もちろん全てが悪いとは思ってないですが,でもやっぱりその常識とか規範とかこうあるべきみたいな正解を【守らなきゃいけない】は違うと思うんですよね。

 

ただ『他人の迷惑にならない程度』にっていうのは大事かもしれませんが、それすらも僕はどっちでもいいと思っているわけですよ。

 

なので僕がこれまでの人生でやっきたことは,『死ぬほど失敗する』こと。

ほんとに色んなことやって失敗しまくってきました。数え切れないくらい。

そうすると,失敗ってなにってなるんです。むしろ一般的に失敗と呼ばれていることを経験したことで,僕自身はバージョンアップするわけですよ。

つまり,『成長』している。

ってことはこれ失敗じゃなくねと。

むしろ正解ってなにと。

なので僕はこう考えました。

 

自分の成長につながるのであればそれは全てオッケー

f:id:yell-sakushima:20170601002547j:plain

 

そこには正解も不正解もないんです。

基準は自分。

他人じゃなく自分。

他人との比較ではなく,自分への検証。

 

お前それ自己チューやろっていう声が聞こえてきそうですが,それでいいんです。まずは。

自分の中の概念がいい感じにこわれてからが勝負ですよえぇ。

 

そんなことを僕は身体を張って佐久島で証明しております。

 

いかん,20%位しかかけてない!!!!!

 

 

続きは本番で(n‘∀‘)η

 

 

 

NPO 法人若者自立支援塾ONESTEPは、愛知県の三河地区を中心に【ニート・ひきこもり・不登校】の方達の社会復帰の支援をしている団体です。

ONESTEP について詳しく知りたい方ははこちらをお読みください!
http://joyell-sakushima.hatenablog.com/entry/2017/06/01/221816

NPO法人若者自立支援塾ONESTEP のHPはこちら→http://onestepshien.com/

ONESTEP では3つの手法で支援を行います
①訪問型支援👶
実際にスタッフがご家庭まで訪問して、その状況に合わせた支援を行います。

②通所型支援🏃🏻‍♂️
ONESTEP の基地(愛知県西尾市岡崎市)に来ていただき、そこで状況に合わせた支援を行います。

③共同生活型支援🍙
愛知県西尾市にある離島佐久島で、親元を離れて我々ONESTEP の職員と共に共同生活をします。最短1泊2日から可能です。

上記の支援の詳細はHPにありますのでご覧ください。
HP→http://onestepshien.com/

ひきこもりは日本の宝者だという想いで活動をさせていただいています‼️

少しでも多くの方に想いを届けたいので、お読みいただき、良かったら応援してください😋

NPO法人ONESTEP が行う予定の新規事業の視察に、千葉県に来ている話

僕がひきこもり支援を事業として立ち上げた時、先行事例として色々な団体を勉強させていただきました。

その中でも一際異色を放っていたのが【K2インターナショナル】でした。

 

詳しくはこちらを

K2インターナショナル HP

http://k2-inter.com/

 

そんな念願のK2に、先日トヨタ財団に採択された新事業の先行事例と類似事例の視察のとして伺いました。

 

K2で最初に対応してくださったのは福島さん。ものすごく丁寧に対応してくださり、僕の聞きたかったことが色々解決できました。

各施設や事業所も見せていただきまして、ありがとうございます( ;∀;)

そんな福島さんとパシャリ

f:id:yell-sakushima:20170524213509j:plain

 

さらにさらに、普段はいらっしゃらないK2の代表取締役である金森さんが、わざわざお話をしてくださいました。

 

K2は何を目指しているのですか?という質問に、

 

「せめて関わってくれた全ての人たちだけでも幸せにしたいと思ってやっているよ!」

 

と。

 

色々な世界を見られて来た後に出した答えなので、ものすごく重い言葉だなぁと思いましたね、えぇ。

 

 

色々な世界を経験したからこそ言える言葉なんだなと思います。

総じて思ったのは、金森代表はめっちゃおもろくて熱いオッチャンでした(๑>◡<๑)

そんな金森代表とパシャリ

f:id:yell-sakushima:20170524221750j:plain

めずらしく僕がちょっと緊張してます!笑

 

その後、「NPO法人なんとかなる」の運営されている自立援助ホームに視察へ行き初日を終えました。

 

2日目は「八街少年院」で行われているG-MaCプログラムの視察に行きました。

保護犬を家庭犬にするための訓練を通して、少年院にいる若者たちのセルフエスティーム(自己肯定感)を高めていくというプログラム。

ここでは本当に色々なことを教えていただきました。

f:id:yell-sakushima:20170525110807j:plain

その事業を請け負っている、公益財団法人ヒューマニン財団の鉾山さんがまた面白い!!!

 

お金では買えない知識を色々と教えていただき、すっごい色々なアイディアが浮かびまくり今僕はウハウハです(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

 

6月から改装が始まる自立援助ホーム、そこで行われる新事業、もうワクワクしかありません(`・∀・´)

 

新事業については近いうち皆様に報告しますね。

 

とても実りのある2日間でございました。

 

視察を快く受けてくださった「K2インターナショナル」「NPO法人なんとかなる」「八街少年院」「公益財団法人ヒューマニン財団」の皆様本当にありがとうございました!!!

 

 

今から浮かんだアイディアを起こして、まとめてブラッシュアップします!!

いやぁー楽しい!!!

 

NPO 法人若者自立支援塾ONESTEPは、愛知県の三河地区を中心に【ニート・ひきこもり・不登校】の方達の社会復帰の支援をしている団体です。

ONESTEP について詳しく知りたい方ははこちらをお読みください!
http://joyell-sakushima.hatenablog.com/entry/2017/06/01/221816

NPO法人若者自立支援塾ONESTEP のHPはこちら→http://onestepshien.com/

ONESTEP では3つの手法で支援を行います
①訪問型支援👶
実際にスタッフがご家庭まで訪問して、その状況に合わせた支援を行います。

②通所型支援🏃🏻‍♂️
ONESTEP の基地(愛知県西尾市岡崎市)に来ていただき、そこで状況に合わせた支援を行います。

③共同生活型支援🍙
愛知県西尾市にある離島佐久島で、親元を離れて我々ONESTEP の職員と共に共同生活をします。最短1泊2日から可能です。

上記の支援の詳細はHPにありますのでご覧ください。
HP→http://onestepshien.com/

ひきこもりは日本の宝者だという想いで活動をさせていただいています‼️

少しでも多くの方に想いを届けたいので、お読みいただき、良かったら応援してください😋

 

愛知の離島【アートの島】佐久島でサツマイモを特産品にするために、若者の力が必要だって話

日、佐久島で畑作業をしました。

 

f:id:yell-sakushima:20170519230414j:plain

 

f:id:yell-sakushima:20170519230444j:plain

 

翌日筋肉痛で死にそうになりました。

f:id:yell-sakushima:20170519230615j:plain

 

 

翌日に筋肉痛が来たことに若干の喜びを感じながら思うことがあったのです。

 

それは

 

佐久島には力を持て余している若者の力が必要だ!!!!】

f:id:yell-sakushima:20170519231916j:plain

ということです!!!

 

 

今回は総勢10名の方がボランティアという形で手伝いに来てくれました。

f:id:yell-sakushima:20170519231938j:plain

 

僕達がやっているONESTEP という団体は《若者自立支援》を謳っています。

 

ニート・ひきこもり・不登校といった方々と共に、普段は社会に出て働いている若者達もごちゃ混ぜにして活動をしているのです。

その為今回も、ひきこもってる子やニートの子、社会に出て働いている子など様々な方々に手伝ってもらいました。本当に感謝です。

 

f:id:yell-sakushima:20170519230921j:plain

 

佐久島で僕が活動を始めた理由の一つに、《若者の力で島おこしのお手伝い》があります。

 

これが出来たら、島にとっては労働力を、若者にとっては活躍の場とやりがいを、お互いがwinwinの関係になれて凄くいいのではと思い、活動をして来ました。

 

今回のこの『サクマイモ』は佐久島の新たのブランドとして発信していくために、新事業として今期から始まりました。

 

まさに、若者の力で島おこしのお手伝いができるわけなんです!!

 

さぁ皆様のお力が今必要です!!!

 

共にサクマイモを作ろうではありませんか(`・∀・´)

 

次回は6/5にお芋を植える予定です!!

是非是非お手伝いしに来てください!!

 

手伝ってあげるよーって方がいれば、私まで連絡をば!!

 

明日は5月度合宿だー(`・∀・´)

楽しみやなー(๑>◡<๑)

 

NPO 法人若者自立支援塾ONESTEPは、愛知県の三河地区を中心に【ニート・ひきこもり・不登校】の方達の社会復帰の支援をしている団体です。

ONESTEP について詳しく知りたい方ははこちらをお読みください!
http://joyell-sakushima.hatenablog.com/entry/2017/06/01/221816

NPO法人若者自立支援塾ONESTEP のHPはこちら→http://onestepshien.com/

ONESTEP では3つの手法で支援を行います
①訪問型支援👶
実際にスタッフがご家庭まで訪問して、その状況に合わせた支援を行います。

②通所型支援🏃🏻‍♂️
ONESTEP の基地(愛知県西尾市岡崎市)に来ていただき、そこで状況に合わせた支援を行います。

③共同生活型支援🍙
愛知県西尾市にある離島佐久島で、親元を離れて我々ONESTEP の職員と共に共同生活をします。最短1泊2日から可能です。

上記の支援の詳細はHPにありますのでご覧ください。
HP→http://onestepshien.com/

ひきこもりは日本の宝者だという想いで活動をさせていただいています‼️

少しでも多くの方に想いを届けたいので、お読みいただき、良かったら応援してください😋