ニート・ひきこもり支援のONE STEP-ブログ

愛知県の三河地区を中心にひきこもり支援しているNPO法人ONESTEPのブログです

愛知県の西三河を中心にひきこもり・不登校の支援をしているONESTEP がやっている訪問型支援の内容を公開!!

僕が理事長を務めさせて頂いている、NPO法人若者自立支援塾ONESTEP では、大きく分けて【訪問型支援】【通所型支援】【共同生活型支援】の3つを行なっています。

 

今日はその訪問型支援について詳しくお伝えしていきます。

 

目次

 

訪問型支援とは

f:id:yell-sakushima:20180309200451j:image

訪問型支援とは読んで字のごとく、当事者のご自宅まで我々ONESTEP の職員が訪問して行う形の支援のことを言います。

 

訪問型支援で行う支援の内容

訪問型支援で行う支援の内容は大きく分けて2種類です!1つはコミュニケーション支援、もう1つが学習支援です。

 

コミュニケーション支援というのは、家族以外の第三者が、当事者の方とさまざまな形でコミュニケーションをとる支援のことです。

まぁぶっちゃけ一緒に遊んでます!

部屋でカードやったりトランプやったりゲームやったり色々ですね。

まずは仲良くならないと始まらないので!

f:id:yell-sakushima:20180309201316j:image

大人の方だと、いろんな話をしたりします。

だいぶ仲良くなるとこれまでの半生を聞いてないのに話してくれたりするので、そこから話が膨らみ、親には言えない想いや、自身の感情なんかが一気に溢れたりします。

 

もう1つは学習支援です。

これは、教員免許を持つ専門スタッフがお子さんの状況に合わせて丁寧に勉強の指導を行います。場合によっては学校の授業進度関係ないところをやって興味付けをしてみたり、逆にだいぶ遡って根本を一緒に考えたりと学校じゃできない内容を教えつつ、塾では対応しきれない部分までカバーしてやっています。

発達障がいを持つお子さんに対しても、しっかりと対応させて頂いております。

f:id:yell-sakushima:20180309202317j:image

 

訪問型支援のメリットデメリット

訪問型支援というのは一見すごく当事者にとっては馴染みやすくいい形のように見えますが、やはり物事にはいいところがあれば悪いところもあります。

f:id:yell-sakushima:20180309202353j:image

まず訪問型支援のメリットは、第1に当事者の子が自分のテリトリーで安心できるという事です。基本的にひきこもりや不登校の方たちは、対人に対してあまりいいイメージを持ってません。(もちろんそうでない方もいらっしゃいますが)自身の外見がどうみられてるのかとか気にしちゃって、家から出たくないって人も少なくないんです。そういう点では訪問型支援は適しています。

自分のテリトリー内なので、誰かからの視線を気にし過ぎることもなく、勝手知りたる我が家なので比較的リラックスもできます。

f:id:yell-sakushima:20180309202420j:image

 

もう1つのメリットは、家庭環境に対してアドバイスできるということです。

実際に自宅に伺うと、その家の主であるご両親がどんな考え方なのか見えたりします。

ひきこもりや不登校の子どもたちに原因があることって実は少なくて、多くは家庭環境に起因するんで、そこに我々が触れることで様々なアドバイスが出来るというのは1つメリットですね。

 

逆にデメリットもあります。

訪問型での支援に慣れすぎてしまうと、外に出るという行為に必要性を感じ無くなってしまいます。

来てくれるからいいやっていう風に思っちゃうと、元気に外で遊ぶ日が遠ざかっちゃいますね。

もう1つのデメリット、これが一番大きいのですが、家の中で日常に囲まれていると、ステレオタイプの自分でいなきゃいけなくなっちゃうことです。

 

自分って〇〇な性格だし...

私はこういう人間だから...

 

などなどネガティブな自分への認識を持っている場合、人生で1番長く生活している空間にいるとその状態から脱するのにものすごくパワーがいります。

f:id:yell-sakushima:20180309202658j:image

 

例えば、家で腕立て伏せをするときのモチベーションと、ジムに行って腕立て伏せをするときのモチベーションって違いません?

 

自宅というのはありのままの自分になる場所なんです。なのでこれまでの自分が自分にとって嫌な場合、変わろうと思った時に自宅っていうのはあまり向いてなくて、それよりは非日常の空間にいたほうがいいんです。

 

f:id:yell-sakushima:20180309202727j:image

 

なので訪問型支援というのは時と場合によって使い方を考えたほうがいいんですね!

 

訪問型支援から通所型の支援へ

当事者のご自宅に伺い、訪問支援を繰り返していくと、当事者の方とラポール(信頼関係)が形成されます。この関係性が重要で、これがあればその人がいるところなら行くことができるようになります!

それにも大きな決心と勇気がいりますが、それができるようになったら次のステップ【通所型】への移行のタイミングですね!

 

 

通所型についてはまたの機会にお話しますのでお楽しみに!!

------------
NPO 法人若者自立支援塾ONESTEPは、愛知県の三河地区を中心に【ニート・ひきこもり・不登校】の方達の社会復帰の支援をしている団体です。
お問い合わせはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S87562783/
ONESTEP について詳しく知りたい方ははこちらをお読みください!
http://joyell-sakushima.hatenablog.com/entry/2017/06/01/221816
NPO法人若者自立支援塾ONESTEP のHPはこちら→http://onestepshien.com/
ONESTEP では3つの手法で支援を行います
①訪問型支援👶

実際にスタッフがご家庭まで訪問して、その状況に合わせた支援を行います。
②通所型支援🏃🏻‍♂️

ONESTEP の基地(愛知県西尾市岡崎市)に来ていただき、そこで状況に合わせた支援を行います。
③共同生活型支援🍙

愛知県西尾市にある離島佐久島で、親元を離れて我々ONESTEP の職員と共に共同生活をします。最短1泊2日から可能です。
上記の支援の詳細はHPにありますのでご覧ください。
HP→http://onestepshien.com/
ひきこもりは日本の宝者だという想いで活動をさせていただいています‼️
笠間淳を詳しく書いた記事はこちら↓↓↓
http://joyell-sakushima.hatenablog.com/entry/2018/02/18/003552
少しでも多くの方に想いを届けたいので、お読みいただき、良かったら応援してください😋
お問い合わせはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S87562783/